コンテンツ紹介

ホーム > オーディオブック > 一龍齋貞心 講談選集 沢村淀五郎

一龍齋貞心 講談選集 沢村淀五郎

2011/02/04発売 500円 

天明の頃、市村座の暮れの狂言に忠臣蔵が演物と決まりましたが、役者が足りず判官役が居ない。そこで相中格の淀五郎を名題に昇格をさせて振り当てましたが、大星由良之助を務めるのは座頭の市川団蔵。四段目の判官切腹の場は判官と由良之助の腹芸が見せ場。初日の幕が開いたが、淀五郎の判官が気に入らないのか芸に厳しい団蔵は花道に座ったまま。さて淀五郎は・・。