コンテンツ紹介

ホーム > オーディオブック > 女流講談特選 神田香織-秋色桜

女流講談特選 神田香織-秋色桜

2009/02/13発売 500円 

六兵衛の娘“お秋”は七歳にして書と俳諧にすぐれ近くに住む宝井其角の弟子となった。十三歳になり花見に行った折のこと、井戸端で桜の枝に手を掛け危なっかしい足取りの酔っ払いを見て“井の端の桜あぶなし酒の酔(えい)”と詠んだ句が宮様の目にとまり招待を受ける。やがてお秋は俳諧指南を掲げるプロとなり俳号を“秋色”と称した。