コンテンツ紹介

ホーム > クラシックアルバム > べートーヴェン:交響曲第2番 二長調 Op.36

べートーヴェン:交響曲第2番 二長調 Op.36

Czech Philharmonic Orchestra 2015/07/13発売 600円 

ベートーヴェンの交響曲第2番二長調作品36が、作曲されたのはベートーヴェンの持病である難聴が特に悪化した時期であり、10月には「ハイリゲンシュタットの遺書」も書かれている。形式的にはハイドンの枠組みの中にあるが、作曲技法としては第1番よりも更に進歩している。楽器の使い方の面で、木管楽器(特にクラリネット)の活用や、チェロとコントラバスを分割して扱う手法が注目される。演奏はCzech Philharmonic Orchestra。チェコの首都プラハを拠点とするオーケストラで、チェコを代表する管弦楽団の1つ。
交響曲第2番二長調には以下の4つの楽章が含まれている。
・第1楽章 Adagio molto – Allegro con brio
・第2楽章 Larghetto
・第3楽章 Scherzo, Allegro
・第4楽章 Allegro molto

[4947]