コンテンツ紹介

ホーム > コメントアルバム > iJockey 国鉄最後の蒸気機関車基地「追分機関区」

iJockey 国鉄最後の蒸気機関車基地「追分機関区」

2008/05/31発売 1200円 

「蒸気機関車の音」登場!

様々な展開を試みるiJockeyに、ついに「蒸気機関車の音」もiTunes Plusコンテンツで再登場!!。
室蘭本線追分駅追分機関区前で収録した、貴重な音源が”iJockey 国鉄最後の蒸気機関車基地「追分機関区」”として甦った。
これらの音は、国鉄最後の蒸気機関車基地であった室蘭本線追分機関区前で、斉藤安則氏が1975年12月及び、1976年3月の全面廃止になる直前、2月22日に収録した貴重な音源である。収録された時間帯は13時頃から、17時ころの間と記録にある。79602という番号は、9600形という国産初の貨物列車牽引用のテンダー式蒸気機関車につけられたもので、この形は「きゅーろく」若しくは「くんろく」という愛称を持っていた。

収録機材はSONY製のカセットデンスケ typeIII TC-2850SD(当時の価格52,800円)
マイク(型番不明)は、SONY製を2本ステレオアームに取りつけて使用。カセットはやはりSONY製のBHFタイプとなっている。
収録音は次の16トラックです。

・79602発車

・セキと交差する96

・5番から夕張発車

・入換7番

・7番入区

・79602のドラフト

・入換6番

・発車の汽笛

・岩見沢行客車1

・岩見沢行客車2

・最後の入換

・通過音

・セキを引く

・連結

・セキを押す

・世代交代

[3180]