コンテンツ紹介

ホーム > コメントアルバム > あのなっす 南部弁

あのなっす 南部弁

八戸童話会 2017/08/29発売 900円 

南部弁(なんぶべん)は、江戸時代に南部氏が治めた盛岡藩および八戸藩にあたる地域(南部地方)の日本語の方言。ことばの中に暗さは無く、明るくコミカルでユーモアさえ感じさせる方言といえる。このような南部弁の世界に浸って頂けるよう、この「あのなっす 南部弁」では八戸童話会のみなさんがたっぷり46のフレーズを披露してくれます。標準語との対比やことばの説明なども聴くことができます。日本語の豊かさを、是非味わってみて下さい。
「あのなっす 南部弁」には以下のようなフレーズも含めて46のフレーズが収められています。
・よぐ、おんであんしたなす。まんずおあがりあんせ。
・したら、おしずがっこにおんであんせェ。
・かあ、けェ。くゥ。
・ちょこっと、もじょってけあんせんがい?
・まっとけェなァ振れ。
・こだつさ入って、めぐだまりなせ。
・ほにほに、あの人ァえふりこぎだもなす。
・童子(わらし)よおがすのさ、へっちょはいだ。
・まんだなまずろいマネした。ほにほにつらつけねェ人だなァ。
・いっとぎま待ってでけんだ。
・はい、これでどっとはらい。

Apple Musicでも聴くことができます。