コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 日本音楽集団第200回定期演奏会ライブ-1

日本音楽集団第200回定期演奏会ライブ-1

日本音楽集団 2011/04/01発売 450円 

日本音楽集団第200回定期演奏会ライブ-1は「三味線協奏曲」!

三味線協奏曲は長澤勝俊の作曲によるもので、1967年11月の日本音楽集団第6回定期演奏会で「三絃と日本楽器によるディヴェロプメント」として初演され、1973年定期の再々演にあたって一部改訂を施し「三味線協奏曲」と改名された。全体は三つの部分に分かれ、第1章は華やかに、第2章は沖縄の三線(さんしん)風にしっとりと、第3章は変拍子も軽やかに仕上がっていて、第200回記念に相応しい名曲です。演奏の杵家七三(きねいえなみ)は、ますます円熟味を増し第200回定期演奏会の最後を見事な演奏で締めくくりました。

収録は以下の3曲。

・三味線協奏曲 1章

・三味線協奏曲 2章

・三味線協奏曲 3章