コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 雨のむこうがわで(日本音楽集団第201回定期演奏会ライブ-2)

雨のむこうがわで(日本音楽集団第201回定期演奏会ライブ-2)

日本音楽集団 2011/04/19発売 450円 

雨のむこうがわで(日本音楽集団第201回定期演奏会ライブ-2)が登場!

「雨のむこうがわで」池辺晋一郎の作曲で、1978年“グループだだ”(日本音楽集団の打楽器メンバーらで構成)の委嘱で書かれた。
「あめは降り、そして必ず、やむ。雨はドラマを作り、ドラマを閉じる。雨は飛ぶ。雨は走る。雨は語る。屋根瓦にしみてゆく。その滲みかけの、数滴の、降り始めの雨跡のみを描く」(福田平八郎の絵より)~。雨はそのように跡を作り、そして消える。雨は、だから、はかない。他方で、石をも穿つほど、強い。池辺の手にかかると打楽器たちが歌いだす。
演奏者は望月太喜之丞、仙堂新太郎、盧慶順、島村聖香の4名。