コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 箏四重奏 みみらくの島 (日本音楽集団第196回定期演奏会ライブ-2)

箏四重奏 みみらくの島 (日本音楽集団第196回定期演奏会ライブ-2)

日本音楽集団 2010/03/20発売 300円 

日本音楽集団の第2弾は「箏四重奏 みみらくの島」!

この「箏四重奏 — みみらくの島 —」は、高橋 久美子(たかはしくみこ)作曲した曲。「五島列島三井楽(ミミラク)の島へ行けば、亡き人の顔を見ることが出来る」という伝承から、四人の箏奏者が魂柱の役割を担い、絶え間なく交差したり一体化しながら、あの世でもこの世でもない世界が展開される。この曲が入ったアルバムは、邦楽器の可能性の追求して「邦楽アンサンブルの未来」を展望する日本音楽集団の定期演奏会シリーズ2回目のライブ音源で、CD未発売。第196回定期演奏会では、日本音楽集団に所属する5人の作曲家が、それぞれの感性から生み出した新作を発表し、音楽界への「提言」を行いました。