コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 三木稔・箏譚詩集 第一集<冬>

三木稔・箏譚詩集 第一集<冬>

山田明美 2010/04/24発売 600円 

山田明美の演奏による「三木稔・箏譚詩集 第一集<冬>」登場!

この「箏譚詩集」第一集<冬>は、三木稔作曲による詩情豊かな箏独奏のための曲を、山田明美が演奏したアルバムで、以下の5曲からなる。

・第1章 小さな序曲:1968年のクリスマス・イーブに書かれた箏の大きな物語のさりげない始まり。

・第2章 あこがれ:全ては憧れに発する。間断ない上行音型と激しいテンポ、全て当時の常識外のことであった。

・第3章 冬の夜:寒い東京にも暖かい箏の音。低音域の長い余韻が艶やかに変化して。

・第4章 人形の子守唄:Dolce と書かれた表情記号が、Rubato,molto melinconico に変わっていく。

・第5章 やがて春が:冬に始まれば、来るものは躍動の春だ。もうすぐ二十絃箏も出来上がる。

続いて第二集<春>、第三集<夏>、第四集<秋>が登場!