コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 三木稔・箏譚詩集 第四集<秋>

三木稔・箏譚詩集 第四集<秋>

山田明美 2010/04/27発売 600円 

三木稔作曲による詩情豊かな箏独奏のための曲を、山田明美が演奏したアルバムで、収録は5曲。
第1章 西風の便り:’89年6月の天安門事件を体験した作曲者が、その折出会った中国の音楽家たちの心境を想って西風に聞く。
第2章 湖の塔:’90年7月、サボンリンナ・オペラ祭を行った湖中の城の塔。まるで日本の秋。
第3章 渡る鳥:秋に来る鳥もあれば南に去る燕のような鳥もある。彼等は琉球の島々を伝って更に南へ行くのだろうか。
第4章 案山子考:穫り入れの秋、カカシは田園の芸人だ。
第5章 月が見た旅路:物想う秋の旅路に月はよく似合う。21年目の秋の月。「この地球の何にも変えがたい『四季』を守り続けよう」と作曲者は訴えている。