コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 子どものための組曲(日本音楽集団第219回定期演奏会ライブ-4)

子どものための組曲(日本音楽集団第219回定期演奏会ライブ-4)

日本音楽集団(作曲:高橋久美子) 2017/09/24発売 600円 

日本音楽集団第219回定期演奏会は「子どものための組曲」と題して、平成28年(2016年)11月19日5年に第一生命ホールで開催され、5人の作曲家によるそれぞれの「子どものための組曲」が披露されました。今回はその中から高橋久美子作曲で「子どものための組曲(日本音楽集団第219回定期演奏会ライブ-4)」を日本音楽集団の演奏でお届けします。
子どもの宝箱の中は、不思議な驚きと喜びで満ち溢れている。他人からはガラクタに見えても本人にとって、それはかけがえのない宝もの。組曲の一曲一曲がそんな宝物のピースとなるように願って。
Ⅰ とまらない時間…子どもは同じ動作の繰り返しの中でも、その時々に違った楽しみ方を見つける名人。
Ⅱ ねむい…ただねむい。理由はない。本当にねむいのである。
Ⅲ あそび…あれもこれも体験しながら自分にとって何が必要かを選ぶ作業の積み重ねで、おとなになってゆく。音楽との出会いもそのひとつですね。
Ⅳ 小さなおくりもの〜あしたに…小さな生命は、明日へとつながる大切なおくりもの。
子ども達にずっと歌い継いで欲しい名曲のフレーズをⅠ〜Ⅲ章にちりばめましたが、なんの曲かわかりますか? (高橋久美子プログラムノートより)

このアルバムには以下の4つの曲が収められています。
・子どものための組曲:1章 とまらない時間
・子どものための組曲:2章 ねむい
・子どものための組曲:3章 あそび
・子どものための組曲:4章 小さなおくりもの~明日へ