コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 子どものための組曲(日本音楽集団第219回定期演奏会ライブ-5)

子どものための組曲(日本音楽集団第219回定期演奏会ライブ-5)

日本音楽集団(作曲:秋岸寛久) 2017/11/04発売 750円 

私が音楽に、そして邦楽器に興味を持ち始めた小学生のころ。おぼろげながら作曲家になりたいと思い始めた中学生のころ。その当時の自分に「最もお気に入りの曲」と言ってもらえるような作品を目指した、「自分のための組曲」です。いえ、自分の感覚が必ずしも一般的だとは思いませんが、邦楽器によるアンサンブルを初めて聴く子どもに、その魅力をなんとかして伝えたいと思ったとき、〈よりどころ〉となるのはやはり〈自分〉しかいませんでした。
4曲からなる組曲ですが、各曲を楽章と捉えれば、私が当時その魅力にはまったベートーヴェンやブラームスなどのシンフォニーと同様の構成となっています。作曲家への思いと邦楽器への興味がまだ結びついていなかった、当時の自分へのメッセージのようなものです。
個人的、主観的なものも客観的に表現できるのが音楽のいいところ。幼少期を思い出しながら、お楽しみください。(秋岸寛久のプログラムノートより)
このアルバムは以下の4曲が収録されています。
・子どものための組曲:1章
・子どものための組曲:2章
・子どものための組曲:3章
・子どものための組曲:4章