コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 上方寄席囃子 出囃子大全集

上方寄席囃子 出囃子大全集

林家染丸社中 2009/04/27発売 5000円 

上方寄席囃子 出囃子大全集がついに登場!Apple Musicで是非聴いてみて下さい。

出囃子とは落語家が登場するときに演奏される曲で、現在使われているものは新旧あわせて百五十曲以上あります。自分専用の出囃子を持てるようになれば落語家も一人前。長く使っていると、その曲に愛着もできますから不思議なものです。
寄席囃子はもともと大阪の寄席だけで演奏されていました。大正年間、吉本興業が東京で引っ越し興行をした際、スタイルをすべて大阪式にしました。そのときに演奏された寄席囃子が好評で、それ以来東京の寄席でもお囃子を使うようになったのです。
落語通になると、出囃子を聞いただけで次の出演者がわかる、そういう楽しみ方もあるんです。曲はその落語家のイメージに合わせて選ばれます。簡単にいえば演芸のつなぎをするのが寄席囃子ですが、もしこの音楽がまったくなかったら、寄席はとても味気ないものになるでしょうね。客席を盛り上げ、次の落語に期待を膨らませる、そんな大切な役目があるのです。

今回は120曲の出囃子をアルバムにまとめました。アルバムまるごと購入して頂きますと、曲の解説や主にその出囃子を使っている噺家などを記載したデジタルブックレットが入手できます。
但しMacやWindowsPCのiTunesでダウンロードする必要があります。
演奏は林家染丸社中。
[3299]