コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 江戸祭りばやし(四)神楽聖殿と仁羽

江戸祭りばやし(四)神楽聖殿と仁羽

江戸祭ばやし保存会 2009/09/24発売 300円 

祭囃子の稽古は、古くは一尺四方の畳をたたき台とし、師匠は膝で拍子を取る形であったという。今では古タイヤをたたき台にするなど、変遷を見ることができる。
曲目構成は、打込み、屋台、聖天、鎌倉、四丁目、屋台を基本としている。
基本譜から各曲目の一部を見てみよう。{左右は打つ者の左手、右手のこと。右手で「テ」を打ち、ついで左手で「ヶ」を打つ。同様に右、左の順で「天」を打つ。「スケ」は助言葉で「ヶ」のところで打つ。「笛」はピヒーリと入るところ。「ヤ」は囃し言葉。「ドド」は大太鼓が入るところ。}
《打込み》(静かに)
右テ 天 天 天 スケ 天スケ 天(笛)
左 ヶ 天 天 天 天 天 天 天(笛)
《屋台》(賑やかに)
右イーヤ天 天 天テ 天 テ
左スッ スッ天 ヶ ヶ スケツク テツクツ
《聖天》(少し変化して打つ。昇殿・正殿・正天とも書く。囃子が神社の拝殿に入る、または神の膝元まで進むこと。おそらくこのときに神楽舞があったと思われる。それが次の「鎌倉」であったかもしれない)
《鎌倉》(静かな曲ゆえ、静御前からの称といわれる
《四丁目》(早間となる。一丁目より四丁目までの道中に流した囃子からの称ともいわれる。仕丁舞、師調目とも書く)
《屋台》(賑やかに元に戻る)
以上を各曲とも数回ずつ繰り返して奏でる。また「四丁目」のときに「玉入」というものが入る。これは締太鼓のワキ(前列右側)が、玉の地とて、キザミを打つ。締太鼓のタテ(前列中央)が聞かせどころの打ち方をする。
《投合》なげあいという早間で賑やかなもの。別称「神楽四丁目」。これは神楽の渡御、とくに町内の神楽送迎のときに奏でられる。その他は「鎌倉」が最初から最後まで奏でられる。この「投合」は秘曲または間もの、静かものと呼ばれる曲のひとつで、その他には次の曲がある。以下、列記する。
宮正伝(ゆるやかな曲)・間波正伝(非常に緩やかな曲)きりん(静かな曲)・亀井戸(落ちついた曲)・かいでん(静かな曲)・夏祭り(静かな曲)・神田丸上、丸下(ゆっくりしたもの)かっこ(変化の激しいもの)、寿獅子。
寿獅子は普通の町流しの獅子舞を座敷舞に用いたもの。町流しと同様に悪魔退散の外にお目出度い縁起物として演じられ、次のような構成で演奏される。全体的には祭囃子より早間であり、楽器は締太鼓に桶胴、篠笛、鉦となっている。
(解説:小島豊美)