コンテンツ紹介

ホーム > 和の音楽 > 甘茶でかっぽれ!!

甘茶でかっぽれ!!

やよい,梅屋喜三郎,加藤俊彦,あづき 2016/08/19発売 1500円 

江戸時代にもJ-POPは存在する。三味線、笛、太鼓、コーラスに合わせて、好きな人に向けたバラードを唄い大ヒットした曲からコミックソングやロック系のパンチの効いた音楽など、なんとなく一度は聴いたことあるような端唄小唄の名曲を1枚のアルバムにしました。
加藤俊彦がプロデュースする古典芸能シリーズに、あの「かっぽれ」が登場!。唄と三味線はやよいが、合いの手はあずきが、笛は加藤俊彦が、お囃子は梅屋喜三郎がつとめます。
歌い手は都内では人気の芸者、まつ乃家やよいとまつ乃家あづき。お祭りや結婚式などおめでたい席には欠かせない笛吹き加藤俊彦。そして、東京藝術大学助手を務める邦楽囃子方梅屋喜三郎。様々なジャンルの第一線で活躍するメンバーで結成され、編曲にも力を入れた江戸時代から続く流行歌が詰まった馴染みやすいアルバムです。
このアルバム「甘茶でかっぽれ!!」には以下の10曲が収録されています。
・かっぽれ
・猫じゃ猫じゃ
・木遣くずし
・奴さん
・梅は咲いたか
・深川
・さのさ
・ぎっちょんちょん
・ししわ(せつほんかいな)
・さわぎ