コンテンツ紹介

ホーム > 落語・講談 > てなわけで30年 桂扇生独演会から「柳田格之進」!

てなわけで30年 桂扇生独演会から「柳田格之進」!

桂扇生 2015/09/18発売 750円 

「てなわけで30年 桂扇生独演会」から続いて「柳田格之進」がiTunesにてリリース!
ーー桂扇生師匠の紹介文よりーー
私が噺家になったのが1974年3月。そこで、2004年5月16日に国立演芸場で「てなわけで30年・桂扇生独演会」を開催しました。それを録音したのが、このアルバムです。
この独演会の為に覚えた噺で、この日がネタ下ろしです。
柳田格之進は近江国(江州)彦根藩の家臣。曲がった事が大嫌いと言う正直者。それなのに、と言うかそれゆえに浪人になってしまうと言う苦難の人生。江戸の碁会所で知り合った質屋の主人・萬屋源兵衛と親しくなるが、ここでも騒動に巻き込まれて・・。
武士にとっての「家名」とは、かくも大事なものか。嗚呼。この噺には合点のいかないところがいくつかあります。そこを修正していって、後に内容を少し変えました。
ーー了ーー